コラムCOLUMN

自社株式の評価

1510161124

経営本や税務の本が溢れていたので、整理しました!

100冊近くをネットオフに送りました。

買取価格・・1,400円;;

色々と思いいれもあるので、手放すのも迷います。

 


みなさんは、ご自身が経営される会社の株式の評価をされてますか?

 

今月になり、自社株式の評価依頼が数件ありました。

 

自社株式は、人によって評価額(時価)が異なります

Aさんは、1,000円

Bさんは、250円

という風に。

AさんとBさんの適正な時価が異なるので、どちらの時価で取引すればいいの?

ということになります。

 

そのため、論点も多く、相続税の知識も必要なため、

依頼を受託する税理士が限られているようです。

 

 

私は2年ほど前までは、

・相続贈与(申告書作成と税務調査)

・自社株式の評価

・法人の会計・申告書チェック

がルーチーンワークでした。

 

自社株の評価、年に2桁はしていたなぁ・・

一番重要なのは、初めて評価する時。

面倒でも、可能な限り資料を集めて、検討することが大切です。

 


今までで一番印象に残っているのは、ホテルの株式評価でした。

自家源泉、

森林

土地の筆数は、50以上

別の会社を評価するための評価=最終的に評価したいのは別の会社でした。

 

 

自家源泉には、温泉権があるので、温泉権の評価をしなければなりません。

温泉権=売買実例価格・精通者意見価格等

言うは易し・・です。

 

森林は、一部は保安林に指定されていました。

保安林にも種類がありますが、資料がありません。

天然記念物もあったっけ。

歴史的な名勝も・・!

 

森には、木が生えています。

立木の評価をします。

木の種類や年輪・・

 

縄ちぢみも判明

 

 

倍率地域の土地の固定資産税評価額が非課税で不明

 

区役所や森林組合などにも、お世話になりました。

 

近傍の評価を知る必要があり、所轄税務署に問合せると、

職員の人が調べても判らず、別の署から連絡が来たっけ。

 

 

従業者の集計、土地の写真等

納税者の積極的なご協力で、

何とかやりきることが出来た時には、

自分でも良くやったな・・と思ったような気がします。

 

ご依頼者へは

・株価

・今後の株価の見通し(特殊だったので)

を報告し終了。

 

 

隣にいた税務調査にめっぽう強い当時の同僚が、

『音谷さんが、それだけやったら、絶対に税務調査なんて来ないって。

だって、来たって、ぜってーわかんねーもん。」

と言って労ってくれました。

 

苦労を分かち合ってもらえたことは、なんだか嬉しく、心強かったです。

 

 

大変なお仕事って、

何故か面白いんですよね~ちょっとワクワクします。

 

 

税理士

音谷麻子

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム