コラムCOLUMN

<所得税>控除対象扶養親族

IMG_4832 - コピー

 

12月決算(2月申告)と

個人確定申告で、気になっていた方の申告が終わり、

ホッと一息。

 

法人は、措置法で税額控除等がたくさんあり、

しかも、昔のように一本筋が通っていない面もあり、

検討や適用するとなると、結構たいへんです。

 

ソフトウェア開発業の法人では、4つの税額控除を検討して、

3つ計算し、2つ適用しました。

税金より、今期の計画聞いて!!と社長が思っていらっしゃるのをヒシヒシと感じながら・・

決算報告と申告書のご説明。。花粉症でそれどころじゃないっぽかったですが、

チラリと伺った計画の時だけ、活き活きとされていました笑

『来月まるまる一日社長のために空けておく約束』で少しは満足していただいた様子でした。

私も聞き始めると、根掘り葉掘り、突っ込みつつ、興味津々になっちゃうので、今から楽しみです。

 


 

控除対象扶養親族

 

ご高齢の両親を扶養にされている場合には、

住民票はご自宅だけど、老人ホームに入居されていることもありますよね?

 

同居か非同居かで、控除額が異なります。

住民票で判断するのではありませんので、お気をつけください。

 

なお、病気の治療のための入院が、結果的に長期にわたるような場合には、

同居に該当するものとして取り扱って大丈夫です。

 ※入院前に同居に該当していた場合です

 

税理士

音谷麻子

 

 

■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム