コラムCOLUMN

会計上で、適当に”したことにする”リスク

『これって、どうなってるんですか?』

 

『前の税理士さんに言われて、よく分からないから、任せた』

 

 

このパターンは、普段温厚(?)な、私でも不機嫌(?)になります。

自分のことなのに『分からない』で、何百万も会計上の処理してる。

 

自分の生活にとって、

どういう意味なのか、

どう影響するのか、

全く考えていない!!

 

法人での処理が、

個人に影響したり、相続に影響したり、

そういうことを考えない検討しない、

何より理解しないで、、

会計上だけで技術的にされる・・それなりにあるようです。

 

会計のことでしょ?

別にどこにも影響しないよ。

という考えは、大きな勘違いです。

 

どういうことなのか、

全部現金で動かせば身に染みて分かると思うのですが、

そういう場合に限って、

『納税したくないから』

『お金ないから』

と小手先で逃れています。

 

それって、その場しのぎのことじゃないかなぁ。

 

いま、進行形で、、

あーもうっ!!という過去の処理に出逢っている私は思うのです。

 

そんな中で、何がベターかを一緒に考える。

”一緒に”がポイントで、

私がひとりで考えていると、私が思った場合には、実行NGです。

最終的には、本人がキチンと納得理解して、決断しなきゃね。

 

 

自分の人生の基盤であるお金のこと、

税理士だからって、依存してはいけません。

一緒に考える、税務的な選択肢を説明するということが、

税理士の役割じゃないかなぁ。

依存ではなく、信頼できる税理士を見つけてくださいね!

 

 


 

個人の確定申告も、今日まで。

 

私は、今年は早めに頑張ったので、

最後の1週間は、ノンビリでした。

 

みなさまも、お疲れ様でした。

 

税理士

音谷麻子

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム