コラムCOLUMN

相続~民法改正~

6月は私の誕生月だから・・という訳でもないのですが、

コラムの存在を忘れ、

好きなことしていました。IMG_5468最近は、英語をはじめました。

学生時代(高校の頃)英語の成績は悪くなかったのですが、

ぜんぜん、使えない・・もはや使うこともなく20年。。。

生まれたての赤ん坊レベル

 

なぜ日本人は、あんなに一生懸命勉強するのに、英語つかえないのか?

不思議だったのですが、

ひとつ、習う英語は ”面白くない!!” と今さら気がつきました^^;

 

赤ちゃんと同じように、会話で覚えれば好い?

ということで、

フレーズを、覚えることにしました。

583216639.060866“I’m afraid I’m too happy.

The happiness can’t last long”

(幸せすぎて怖い。幸せってすぐ壊れるから。)

 

私の笑いのツボに嵌る本を見つけました。笑

 

いま、すごく頑張って1ヶ月で、20頁程覚えたのですが・・

全部覚えきるまで、早くて2年のペースです。

マイブームが続くことを自分に願っています。

 

よければ、英語(簡単な!)で

話しかけてあげてください。

 


 

 

さて、民法改正のコラムでした!!

 

今年(2019年)から、順次施行されています。

 

2019年1月13日

自筆遺言証書方式を緩和する方策

 

2019年7月1日

預貯金の払戻し制度

遺留分制度の見直し

特別寄与等

 

2020年4月1日

配偶者居住権の新設等

 

2020年7月10日

遺言書保管法

 

どれも、みなさん関心が高いようです。

配偶者居住権に関する事項が一番、相談の話題としては多いかしら。

メディアでも、よく取り上げられますしね。

 

個人的には、

自筆遺言証書方式の緩和

預貯金の払い戻し

関係する人多そうな気がしています。

 

預貯金に関して

相続税の申告をしていると、よくあるのは、

被相続人が亡くなる直前の預貯金の引出。

『お葬式費用や医療費の支払いに充てるため』

 

7/1からは、一定の範囲内(※)までは

遺産分割前に

単独で、預貯金の払戻しを受けることができます。

 

※(相続開始時の預貯金債権の額(口座基準))

×1/3 ×(払戻しを行う共同相続人の法定相続分)

※1金融機関あたり150万円まで

 

 

遺言に関して

財産目録手書き・・震える手で書かれた遺言書を目にすると、涙がでました。

これからは、自書によらない財産目録を添付できます。

2020年7月10日からは、法務局において遺言書を保管してもらえます。

保管されている遺言書は、家庭裁判所の検認が不要となります

自筆遺言については、いろいろとありますので、

私は、相談されると公正証書遺言を勧めていました。

これからは、自筆遺言証書も善いかもしれないです。

なお、手続きの詳細等は、これから定めるようです。

 

 

余談ですが、ここ1ヶ月で、2回同じような相談がありました。

子供も配偶者もいないから、兄弟を受取人にする遺言を書いている

子も配偶者もいない痴呆の叔母さんの面倒をみているが、

遺言で財産の受取人が亡くなった自分の親になっている

私からすると、とても残念な遺言書です。

 

このようなケース、

税理士に相談される方は多いのですが、

実は民法の分野ですから、相談相手は弁護士がベストです。

もちろん、経験や私の知っている知識を伝えることは出来ますが、

私は専門外なので、必ず弁護士に相談するようアドバイスします。

 

遺言に関しては、内容も大切です!

 

信託銀行を利用される方も増えているようです。

なんか大きい組織で安心・・・って、残す方は思うようです。

まぁ、財産残す方の安心感が一番ですけどね^^

相続人が困らないようにという想いからだったら、どうなのかな、と思うこともあります。(小声)

 

 

久しぶりにコラム書くと、

つい長くなりますが、

ほんとに長くなったので、

他の改正、続きは気が向いた時にします。

 

 税理士

音谷麻子

 

■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム