コラムCOLUMN

<令和2年度>税制大綱 

はい、おとだにです・・

カスレ声で、電話に出ると

音谷さん、もしかして風邪引いたの?笑

だいじょーぶ?!

心配してくれつつ、

レアキャラ登場!!的に、喜ぶお客さん。

 

そして、ありがたいことに、

仕事も一つ、二つ、落としていってくださるw

 

レアキャラになってる場合ではないので、

今日から完全復活できました!!

 

朝からテキパキ動けて、

気分爽快です。

 

IMG_5684プードル飼いたい。。

 


さて、

令和2年度与党税制改正大綱が、12月12日に決定されました。

 

<所得課税~個人~>

①国外居住親族に係る扶養控除

②国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例

③住宅ローン控除関係

など

 

<法人課税~法人~>

①売買目的有価証券の時価評価金額等の見直し

②研究開発、生産性向上に関する税額控除

など

 

<納税環境>

①国外財産調書制度の強化

など

 

<消費課税>

①居住用賃貸建物の取得に係る仕入税額控除

など

 

盛りだくさんです。

多様な取引に、後追い状態の税制になってしまっています。

 

所得課税の国外中古建物は、数年前から流行っていて、

いつ規制されるのかと思っていましたので、ようやく、です。

 

納税者の納税環境は、どんどん複雑化していきますね。

 

税理士 音谷麻子

 

 

 ■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム