コラムcolumn

配偶者居住権~課税関係~

IMG_5514

ハイビスカスの鉢植えから・・

新しい芽が出て、育ちました!

 

なにかなぁ?と思っていたのですが、

観察していると、ハイビスカスの子っぽい。

 

小さいながら花芽っぽいのが付いているので、

この暑さに負けないように、気をつけて面倒をみています^^

 

最近の嬉しい出来事でした~☆

 


 

 

配偶者居住権について、

二次相続のときや放棄したとき、

税法ではどのように取り扱うのかが明らかにされました。

 

なお、施行は令和2年4月です。

みなさんの関心が高いので、早めに国税庁が考え方を示しました。

 

 

配偶者が死亡した場合

 

配偶者の死亡により、配偶者居住権は消滅します。

その部分について、相続税等の課税関係は生じません

 

 

配偶者居住権の存続期間が満了した場合

 

贈与税等の課税関係は生じません

10年等の有期に設定し、満了した場合です。

 

 

合意解除や放棄等の場合

 

建物所有者が、合意解除等による対価を支払わなかったとき

又は

著しく低い価格の対価を支払ったとき

原則として、その配偶者居住権の消滅直前に、

一定の金額(※)の贈与があったものとします

 

※一定の金額

・配偶者居住権の価額に相当する利益

・当該土地を使用する権利の価額に相当する利益

(対価の支払いがあった場合には、その価額の控除後)

 

⇒国税庁HP 通達9-13の2

 

 

配偶者居住権の2次相続、気になっていました。

自然な考え方のところに落ち着いて、ホッとしています。

 

税法って、太い幹があります。

その考え方を理解するのが税理士試験の意義の一つ、と思います。

しかし、その幹から大きく外れる特例が、最近は出来たりします。

そうすると、考え方の根幹が異なるので、困っちゃうんですよね。。

 

 

ところで、配偶者居住権

相続税の節税!!

みたく思われていませんか?

 

個人的には、聞いたときから

相続税の節税につながる

ケースは少ないかなぁと思っていたのですが、

耳に入ってくるのは、節税?お得?的な・・

 

小規模宅地等の特例との兼ね合いもあるしなぁ。

他の財産との兼ね合いもあるしなぁ。

現実として、実現できるかな?節税になるかなぁ?

と未だに考えています。

 

不動産や区役所の無料相談で、

結構な数の方の相続ご相談(お悩み)お聞きしますが、

今のところ、あまり当てはまりそうな方は居ないです。

 

 

理論的には、

同居の親族がいる場合は、節税の可能性があります。

2次相続を考えた場合には。

 

そもそも、

相続税の節税ために出来た制度ではなく、

配偶者の生活を護るために改正された民法ですしね。

そこを履き違えてしまうと、後悔しかねません。

 とかいうと、この人は節税してくれないんじゃないかと、

警戒されてしまうことがあるんですけど・・何事も本質は大事と思います。

 

 

税理士

音谷麻子

 

 

 

■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

小規模宅地等の特例~相続~

 

IMG_5505

粘土で出来ているそうです〈すごい!〉

 

手前の紫のお花は、私に出会って、

制作してくださったらしく、とても嬉しいです。

 

私を想ってくださったプレゼントなので、

良いことを呼んできてくれそう☆

玄関に飾っています。

 


 

仕事の内容がヘビーすぎて、

記事に出来ません・・^^;

話題はいっぱいなのですが。

 

 

ということで、無難なことを・・・

 

 

昨日は練馬区役所で、

不動産に関する相談会でした。

 

朝から、たくさんの方が、

ご相談にいらっしゃいました。

 

相談を受けていて、多いのは、

小規模宅地等の特例について。

 

みなさん、TVや雑誌で、見聞きするものの、

基がどんな規定なのか知らないから、

果たして自分は当てはまるの?みたいな状態

 

国税庁のHPに概要が分かる頁がありますので、

ご参照ください。

⇒No.4124 相続した事業の用や居住の用の宅地等の価格の特例

 

税理士

音谷麻子

 

■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

国税不服審判所

国税不服審判所

関わらないに越したことはないですが。

聴いたことありますか?

 

私はここの審判事例など、よく参考にするので

なんとなーく、身近です。

 

 

国税不服審判所(HP⇒こちら)とは

国税庁の特別の機関として、昭和45年に設置され、

国税局や税務署から分離された別個の機関です。

 

納税者の正当な権利利益の救済を図るとともに、

税務行政の適正な運営の確保に資することが使命!

ということです。

 

 

 

税金というのは、租税法律主義です。

 

租税法律主義というのは、

租税の賦課や徴収は、法律の根拠において

なされるということです。

 

 

しかし、その法律の解釈については、

なかなか難しい面があり、判例を参考にします。

 

 

 

最近、税務調査の意義について、ふと考えます。

 

税を免れていた人に対する

ペナルティ

適正に納税する切欠

 

私は、こう考えています。

処罰感情は不要で、

今後、適正に納税する切欠にするべき

 

 

税務調査では、

税務職員さんも、人間ですし、

調査される側も、人間です。

立場が違うだけで、

お互い思い遣れば好いと思うのですが・・

ついつい、感情的なことになってしまうのが、

なかなか難しいですね。

 

 

過去に無申告で税務調査を受けて、

一念発起、税金が痛くないくらい稼ぐと言い

現在は年間何百万も納税してる

そんな人もいらっしゃいます

 

私は、税務調査がそういう切欠になれば、

とても意義があると思います。

 

その人が、税務調査を切欠に会計をちゃんとして、

その結果、どんぶり勘定が見直されて、

もっと儲かるようになって、納税し、

その子や孫も、自然と納税意識が育つ。

そういうの、理想です。

理想だけど、本気で目指しています!

 

 

税理士

音谷麻子

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産に関する無料相談会

 

H31.5.27 全日本 光ヶ丘

7月25日 練馬区役所の1F

10:30~16:30

不動産に関する無料相談会が開催されます

 

 

公益社団法人)全日本不動産協会 さんに

声を掛けていただいているので、

私も参加します。

 

写真は、前回(5/27)光ヶ丘での相談会での様子です。

詳しくは⇒こちら

 

賃貸物件~相続税~

IMG_5163綺麗な景色、見に行きたい・・

 

キャッシュフロー計算書

税務調査の対応

 

仕事は好きなのですが、

お金のことばかり考えていると、

それはそれとして、

大空と澄んだ空気に癒されたくなります。

税理士なのに。笑

 

よく税理士って

お金の計算が好きなんでしょw

と思われているかもしれませんが、

お金は利用するものであって、

人生を縛られるものではない。

 

数字が好きで、

昔から何だか数字って、すごいと感じています

電卓が好きで、

簿記が面白い

だから、税理士してる気がします^^

 

 

 


賃貸物件を相続された方

 

小規模宅地等の特例

土地の評価

建物の評価

 

資産に関することは、

よく情報が出回っていますね。

どのように適用するかが難しい場合があるのは、

おいておいて。

 

しかし、負債に関するもの

相続税の申告で債務として控除できるもの忘れがちです。

 

自分が貸していた物件ではないので、

細かい内容まで知らないという理由もあるのかな。

 

入居者から受け取っている敷金

預かり保証金

建設協力金など

 

これらは、預かっている状態なので、

なにかしらの預貯金が増加して相続財産となっています。

債務等として

相続財産から控除することにより

結果として、亡くなられた方の財産ではないということになります。

 

 

不動産賃貸借契約書

亡くなられた方の確定申告書

などから把握します。

 

不動産賃貸契約書を見て、私が債務計上していると、

敷金は無いと思っていたと驚かれる方もいます。

 

契約書を確認してみると、

思っていた金額と異なったとか。

 

返さなきゃいけない金額だから~と財産にせず、

返す金額だから~と債務にはする

それだけは、やめましょう(笑)

 

それで敷金用預金口座を財産にせず、

敷金は債務にしていたため、

修正申告している相続税申告書を見たことがあります^^;

 

 

 税理士

音谷麻子

 

■免責
本コラム内の記事は全て投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。
 また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。
 本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、
 十分に内容を検討の上実行してください。
 本情報の利用により損害が発生することがあっても、
 筆者及び当事務所は一切責任を負いかねますのでご了承下さい。

 

 

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム