コラムcolumn

会計の大切さ

日産自動車のNews、おっどろきましたね!!

また・・新日本監査法人・・・

 

有価証券報告書に記載された報酬額が異なった

って、どーして。

経理・財務グループは?監査法人は?

優秀な彼らは気がつかないはずがないよね。。

 


 

 

上場企業になると当然のように、

自社の経営のために会計を利用しています。

 

中小企業だと”税務申告のため”に会計をしているかもしれません。

もしくは、会計をさせられている。。

中には、税務申告のためにさえなっていないパターンも。

仕方ないから、取り合えず『やった風』

 

 

適当に会計をしていて、

問題が表面化しやすいのは、

貸借対照表と損益計算書のどちらでしょうか?

 

 

貸借対照表!!です!!

 

 

私は、じっくり貸借対照表を検討して、

そのあと、ついで程度(時間にして半分以下)損益計算書を確認します。

 

損益計算書は大切ですが、

適切な役に立つ損益計算書作成には、

正しい貸借対照表あってこそです

 

お金の動きは、ウソをつかないですから、そこを一番大切にすると、

貸借対照表をバッチリ合わせないと気持ち悪いことになります。

売上を現金回収でそのまま横流し~なんてパターンは別として。

その場合も、B/Sにどこか不自然さが現れる。。

 

中小経営者の中には、会社の決算書の

”『経営者借入金』がなぜ増えたのか分からない”

という方がいらっしゃいませんか?

それは、会計がグチャグチャだからの可能性があります。

ちゃんと把握する努力するだけでも、会社のキャッシュフローが改善すると思います。

 


 

 

業種によって、あるべき科目など、あるんです。

この科目に対して、この科目の金額はいいのかな?とか。

 

そのあたりの感覚で、

この決算書、いいな!

この決算書、グジャグジャっぽいな!

とか思います。

そして、やっぱりグチャグチャっぽいと思った決算書の中身は、グチャグチャ!

 

私は、簿記が好きというのが、

たぶんこの業界に入った切欠なので、そういう感覚なのかもしれませんが^^;

 

みなさんは、

会計

大切にしていますか?

 

会計を大切にするということは、

会社を大切にするということかもしれないなって思います。

 


 

 

11月11日~11月17日まで

『税を考える週間』

でした!!

 

その取り組みとして、

私が所属する東京税理士会練馬東支部では、

19日と20日練馬区役所で無料税務相談を行っています。

何かお悩みや心配事があれば、資料を持ってお越しください。

 

小学生や中学生等を対象として租税教室も通年行っています。

税金って何で存在するのかな??

それを一人ひとりが感じて考えるということは、

とても大切なことだと個人的には考えているので、

私も租税教育活動に参加しています。

 

税理士

音谷麻子

 

相続人に未成年がいる場合

遺産分割協議などの際に、

未成年者と親権者の間で利害関係が相反する場合には、

親権者は家庭裁判所に、特別代理人の選任を申し立てなければいけません

 

申立先は、未成年者の住所地の家庭裁判所です。

東京23区であれば、東京家庭裁判所(霞ヶ関)です。

 


申立てが出来る人は、

親権者・後見人・利害関係人

です。

 

特別代理人に誰をするかは、裁判官が決定しますが、

申し立てる段階で、候補者を立てます。

 

未成年者が二人以上いる場合には、

それぞれ別の特別代理人となります。

 

特別代理人は、

未成年者の代理として、

遺産分割協議などを行い、

未成年者の利益を図ります。

 


IMG_4467

 

スーパーで、落花生(生)を見つけました。

初めて食べたのですが、

す~ごく美味しかったです。

 

税理士

音谷麻子

 

 

区議会議員選挙

最近、駅前で演説が再開したので・・選挙が近いんだなぁと思っていました。

 

統一地方選挙が4月にあるそうです。

練馬区の区議会議員選挙投票日は、

2019年4月21日(日)とのこと。

 

 

ビックリ、驚き、なんです・・

 

いつぞや、コラム(→こちら)でご紹介した

学童保育でお弁当宅配始めた仲間のひとり

小松あゆみさん

その練馬区の選挙に立候補予定

 

 


 

さっそく、

今朝からお弁当宅配仲間3人、集まりました@豊島園

 

 

IMG_4454

↑小松あゆみさん(左)

 

早朝から練馬高野台駅で駅頭宣伝をした後で、少しお疲れ様。

中村橋駅や富士見台駅でもしているそうです。

 


 

 

ボランティアで集まって実現した、学童保育の宅配弁当。

練馬区立の学童保育では、

どうやら初めての導入事例だったようです。

 

四面楚歌状態だったわけで、

そんな中、やろう!!と行動するもの好きが、

よく3人も集まったと、当時思っていました。

 

まさか、あゆみさんが

区議会議員の立候補予定者になるとは思いもせず・・。

やっぱり、”モノズキ”と心で呟きました。笑

 

 

”こうだったら良いな”

って思っていること、みんな沢山ある

 

それを

”じゃあ、やろうよ”

”かえようよ”

と声をあげる

 

そのために

”方法を考えよう

 

じゃあ

”できることから、やってみよう!”

 

 

あゆみさん、そんな感じの人

 

 

 

いやはや、ビックリ仰天でした。

 

 

税理士

音谷麻子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成年後見人

成年後見人制度

 

皆さんはご存知ですか?

 

私が初めて知ったのは、

今から8年くらい前・・20代の終わり

「麻子さんが税理士になったら、後見人になって」

と言われ時かなぁ。

 

その時は、ちょこっと調べて「え・・(いやだな)」と思った記憶があります。

結局、私が税理士になる1~2年前にその方は亡くなってしまいました。

 

 

その後も、この制度にご縁があるのか、

身寄りのない方の後見人になってるという方から、

とてもグレーな感じの相談・・

(法的に問題がありそうだったので、弁護士さんご紹介しました)

 

制度をよく知って、適正に利用されれば、

これからの高齢化社会を支える制度になると考えています。

 


この制度の基本理念は、

ノーマライゼーション

自己決定の尊重

身上保護の重視

ということです。

 

税理士が、成年後見人をしているケースはまだ少ないようです。

全体の1%にも満たない・・

それは、取扱いが家庭裁判所ということも関係あるのかな、と思いました。

 

士業では、

司法書士・弁護士・社会福祉士が成年後見人となるケースが圧倒的。

 

私が税理士だから、というのではありませんが、

成年後見人、税理士いいと思うんだけどなぁ。

 

第一に、

財産管理が得意

第二に、

意外とみんな御節介で、

他人のために一生懸命

第三に、

不正をしたら、ニュースになるから、

不正リスクが低い

 

 

税務って、お金の話だから、右から左へ処理していると思われているかもしれません。

でも、

相談される方の考え方や、想いや、未来を思い浮かべて、どの選択が良いか考えています。

結局のところ、

財産の管理って、そういうことだと思います。

 

そのことは、

どうやら成年後見人制度の基本理念に合致するようです。

 

 


 

土日と月曜の3日間、

朝から夕方まで、みっちり東京税理士会で研修を受けました。

成年後見人制度の第一人者の方々の講義を受けられて、嬉しいです。

 

相続に絡んで見聞きしたこと、

後見人と自称されていた方の相談、

私に後見人になって欲しいといっていた彼女のこと、、

思い出し考えさせられました。

 

この制度、社会に正しく広がっていくことに貢献できたらいいな、と思っています。

 


 

昨夜3日間の研修を終え・・

さすがに疲れきりました。

 

”ツムラのくすり湯”というバスクリンを入れて、

お風呂に入りたい願望を満たそうと

夜お買い物に行きました。

 

お財布を忘れていることに気がつき、

家に戻り、再び玄関を出ようとしたら、

足がつり、一人大騒ぎ…><….。

 

風邪で寝込んで元気ない息子へ、

笑いを提供しました。

 

税理士

音谷麻子

 

 

 

 

 

住宅取得等資金の贈与

住宅取得等資金の贈与

 

ありがたいことに、自宅を購入する際に、親が援助してくれる!

という場合に、一定の要件を満たせば、

一定の金額まで贈与税が非課税となる特例です。

 

 

インターネットの時代なので、調べれば、判断できるし、

住宅ローンを組む金融機関や不動産屋さんから情報も入ってきますよね。

しかし、意外と気をつけることが多いのが同制度です。

私も適用する場合には、相当慎重に検討します。

 

なぜかというと、ちょっとミスして

適用が出来なかった場合には、贈与税が発生するからです。

 

 

納税0だと思って、今年(H30年)親から1,200万円贈与受けて

住宅取得したのに、

贈与の非課税を適用できなかった!!

その場合には、

納税246万円。。

 

顧問税理士がいらっしゃる方は、

贈与受ける、ご自宅買うに、

ご相談してくださいね^^

 

 

コラム記載の時点での情報に基きます

 


なぜこのコラムを書いているかというと・・

無料相談を受けました。

 

住宅取得等資金の贈与は、

ご相談者の方が思われる以上に情報が必要で、

気をつけることも多いと、

相談を受けて気がつきました。

 

付け刃のネット情報で贈与を受けたりして、

特例の不適用になったら、大変だなぁ。

税理士に依頼して、リスク回避した方が良いよなぁとしみじみ思いました。

 

 

頭の中に100の関連税務の情報があったとします。

情報を得ることによって、検討事項が少し絞られます。

その一方で、別の検討事項が増えます。

 

ご相談者の方が、簡潔に、結論だけ知りたい!!

と思われる気持ちは重々承知していますが、

なかなかそうも行かない場合には、申し訳ないことです。

 

 

関連税務が、100浮かぶか、10浮かぶか、

それは個人によるわけです。

浮かぶ数が少ない方が、検討事項も減り、

スパッと結論出せますね。。

しかし、別の問題をはらんでいるのですが、、、

専門家以外には、その違いって分からないものです。

 

もし私が根掘り葉掘り伺う時には、

頭をフル回転させて、

関連事項を検討しながら聞いていると思っていただき、

少しお付き合いいただけると嬉しいです!

 

 


余談ですが、

ネットに溢れている税務情報について

”いま現在の税法か”

必ずご確認くださいね☆

 

税理士 音谷麻子

 

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム