コラムCOLUMN

贈与の方法 <可愛い孫に財産を残したい>

 

「子供や孫に財産を残したいけれど、贈与が得か?、相続が得か?」

 

 

全ての財産を把握し、一度相続税のシュミレーションをすることで、判断できます。

 

一般的に言えば、

価格の大きなもの・・・贈与税 > 相続税

110万円以内・・・贈与税

 

 

”土地を贈与しようと思っている”

専門家としてどう思う?

相続財産が●億以上あればたぶんお得ですよ。贈与税は●百万程度ですよ。

とお伝えしたところ、贈与はお止めになりました。登記費用なども必要になりますしね・・。

”たぶん”というのは、その方の財産総額が不明だったため、正確に試算は出来なかったからです。

 

毎年、孫に現金をあげる。110万円までは税金掛からないでしょ。

何気なく言われた一言。

しかし、110万円以内の贈与でもポイントがあるのをご存知でしょうか。

お話を伺い、他の方法があったため、税務リスクのない方法をされることになりました。ほっ。

 

 

相続税のご心配をされている方は、ただ漠然と、心配・・・

そして、自分でコツコツ関係ありそうな相続税の特例など調べて、考える・・

そういった心配スパイラルに入っている方が多い。

 

 

一度、税理士ご相談してください。

よく分からないまま考えても、調べても、心配って消失しない気がするのは、私だけでしょうか。。

(その時だけの税理士ではなく、相続も依頼する気で今から探すのです。

その時だけ税理士に相談しても、前にはすすみません。)

 

 

個人的には、贈与を迷ったら、しないこと!

 

贈与した方は、”あげた”と思っていても、

受けた方の”ありがとう”は、哀しいかな、思うほど長続きしないようです。

 

”うちの家族は仲が良いから揉める事なんてない”

と、思いたい気持ちは本当に良く分かる。しかし、

相続を考える上で大事なことの一つ。

”揉める可能性残さない”

いま、家族仲が良くても、悪くても、基準は同じです。

 

税理士 音谷麻子

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム