コラムCOLUMN

保証債務と相続

相続の時に、ウッカリ忘れてしまいそうなこと。

保証債務

 

就職に際した保証人

家を借りる時の保証人

借入の際の保証人

最近では、保証会社が保証人になってくれることも、

保証人なしの借入も、ありますが。

 

もし、

相続や包括遺贈で、保証債務があった場合には、気をつけてください。

法定相続分で、承継することになります。

(一部承継されないものもあります)

 

だから、

保証人になっている方は、必ず自分の家族に知らせましょうね。

 

 

日本では、何でも保証人が必要ですね。

なんだか、哀しい気が致しますが、仕方がないのかな。

 

 

どこかの学者さんが、

「日本人は元々、協力的でも平和主義でもない。

ただ単に、貧しい島国だったから協力して平和にしていくしかなかっただけ。

本来の性質は、個人主義だ。」

って仰るのを聞いたことを思い出します。

ん~・・・

そうかもしれないけど、

協力的で平和的な民族だと(幻想だとしても)、思いたい^^;

 


 

~閑話~

 

子育てと、部下育て、似てませんか?

両方をメインで担う人が少ないので、あまり言われないですけど。

私は、両方担っていたので、そんな風に感じています。

 

 

 息子ちゃんが、1週間前から、

次の土曜日13:10に公園で友だちと遊ぶ約束をしていました。

毎日、カウントダウンして、楽しみにしていました。

 

そして土曜日・・・

約束の相手が、来ない;;

 

と~っても、悲しい様子。

 

相手を責めることは簡単で、

今時の親御さんは、相手の親御さんに電話したという話もよく耳にします^^;

 

私は・・もちろん電話なんてしません。

子供同士の問題ですからね。

 

「悲しかったね。ずっと楽しみにしていたもんね。」

とギュ―として、

「すごく悲しかったから、あなたは同じことを人にしないで済むね。

私は、あなたが約束を守った方で嬉しい」

と伝えて、一緒に遊びました。

 

 

すると、夜・・

私の机の上に

IMG_3650

メッセージ発見。

 

その土曜日は、気分を切り替えて、楽しく明るく過ごしていたので、

夕方、別の年上の友だちと、木登りなどして遊んだようです。

次の日の日曜日も、遊ぶ約束をして。

 

ずっと悲しい気持ちを引きずって過ごしていたら、起こっていないこと。

なるべく笑顔で明るく過ごすって、大事だなと気がついてくれたかも。

 

実は、私はというと、

元々約束していた子は”来ない”と1週間思っていました。

でも、何も言わないで、子と同じ気持ちで、見守っていました。

それも、大事なことだよなぁ。

 

 

息子はというと、何か学んだようで

「来週の土日も、遊ぶ約束したよ!!」

「あっ!日曜日はいないんだっけ・・・

でも、来なかったら、忘れてるか寝てるか居ないかのどれか

だからって伝えてるから大丈夫!」

と晩御飯を食べながら、私に教えてくれました。

 

「うん、すごいリスクヘッジしてて、よく考えたね笑

もう行けないって分かっているんだから、明日ごめんねって伝えた方が良いんじゃないかな。

だって、遊べないって分かっていたら、ほかの子と遊ぶ約束が出来るでしょう。」

とアドバイスしました。

「ほんとだ!」と納得の息子。

 

一件落着。

 

仕事にも、通じるって思うのは、私だけかしら。^^;

 

 

部下のホウレンソウがないと嘆く上司。

上司のやり方でないと認めてもらえないと嘆く部下。

どうすれば、解消されるんでしょうね。

 

 

税理士

音谷麻子

 

 

 

 

 

 

 

 

« コラムトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-6906-4045
(受付時間:平日 9時-18時)
お問い合わせフォーム